高血圧

高血圧と脳心血管リスク

正常 Ⅰ度 高血圧 Ⅱ度 高血圧 Ⅲ度 高血圧
130↓/85↓ 140-159/90-99 160-179/100-109 180-/110-
危険因子がない 低リスク 中等リスク 高リスク
高齢・肥満・メタボ糖尿病以外の1-2個の危険因子 中等リスク 高リスク 高リスク
糖尿病・慢性腎臓病・心血管病・危険因子3個以上 高リスク 高リスク 高リスク
  • リスクとは心血管病(心筋梗塞、脳卒中等)発症の危険性をあらわしています。
  • 高リスクほど脳卒中、心筋梗塞、心疾患、慢性腎臓病などの罹患率・死亡率が高くなります。

家庭血圧の測定法と評価

上(収縮期血圧) +20 下(拡張期血圧) +10

高血圧管理計画

治療による降圧目標

若年者・中年者 140/90 未満
高齢者 150/90 未満
糖尿病・慢性腎臓病・心筋梗塞後患者 130/80 未満
脳血管障害患者 140/90 未満

高血圧治療ステップ

降圧薬の使い方

降圧薬の積極的適応

糖尿病の血圧目標と降圧剤の選択

心疾患合併の高血圧治療

腎疾患と高血圧治療

治療抵抗性高血圧の治療

高血圧と血管病発症

高血圧(白衣・仮面・持続高血圧)と心血管予後

白衣高血圧と仮面高血圧

モーニングサージとdipper

起床後2時間の収縮期血圧の平均値と夜間の最低血圧前後30分の収縮期血圧の差が55mmHg以上

高血圧の予後に影響する危険因子

  • 1.心臓血管の危険因子
  • 2.生活習慣の改善と降圧効果

二次性高血圧

高脂血症(今日の治療薬:南江堂、2015より改変引用)